プロフィール

erika

Author:erika
原田絵里香のブログです。
ピアノを弾いたり、教えたり♪音楽生活を送っています。
プロフィールはこちら


カテゴリ


今後の演奏会

・ピアノリサイタル            ♪3/8(土)               @東京芸術センター   「天空劇場」

最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーク

ご無沙汰しておりますが、皆様お変わりありませんか?
気が付けば季節をいくつか超えていました
日本でお会いした方に、なかなか更新の無いこのブログを「読んでます」とお声かけいただきましたのに…こんなにも放置してしまい、情けない思いですがボチボチ書いていければと思います。

私はこの夏からニューヨークで生活を始めています。
バンコクとは全く違ったテンポ感
魅せ方を良~く心得てるニューヨーカーに日々日々鍛えられているような気がします。

image1 (8)縮小
ロックフェラーセンターからの眺め。
この日は雲一つない晴天。
エンパイアの圧倒的な存在感を感じました。

こちらはすっかり落ち葉舞う季節の到来です
日本とは違って豪快に散っておりますが、気温はすでに10度前後。一桁代のこともあります私には秋がほぼほぼ感じられず、アッという間に冬といった感覚。。

そんなニューヨークは9月から演奏会シーズンがスタートしています
カーネギーホールにリンカーンセンター。他にも数えきれないほどの場所でコンサートが開かれ、幸せいっぱいです
今月はランラン、カヴァコス、チョ・ソンジン、ユジャ・ワン(は今週末!!)といった思わず唸ってしまうほどのソリストの演奏が聴けましたが、他にもオーケストラ、室内楽と充実のラインナップです。
そんな中先月のNew York Philharmonicのオープニングガラコンサートの空気感には感激でした。

image1 (9)縮小
市民が誇るオーケストラに皆さん、勿論私もスタンディングオベーション。

演奏は熱い熱いもので、これからの1年の意気込み・気合い・熱気に満ちた時間でした。
まだまだ書ききれないほどの素晴らしい芸術に溢れた大都会。
沢山吸収していきたいと思っています。

拙いながらも、また更新していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。



スポンサーサイト
とってもご無沙汰しております。
1月には皆様に支えられ、バンコクで初のリサイタルを無事に行うことができました。
本当に感謝の想いしかないリサイタル、タイでこんなにも充実した日々を過ごさせていただいた事、大好きなバンコクの皆様に少しでもお返しがしたい…という気持ちでのぞみました。
そんな私にとって、本当に大切な時間だったのですが、感謝のお言葉も書かず、気づけばもう葉桜がちらほら…またタイでのこと、改めて書かせていただきます。
実はリサイタルの後から怒涛の引っ越し準備に追われ、心も体もヒィヒィ言いながら日本に帰国いたしました。
数か月ですが、日本に滞在予定でおります。

そんな中、公私ともに尊敬するフルーティスト沼田絵恋ちゃんと森トラストのランチタイムコンサートに出演させていただきます。

4/21(木)12:10~13:00
場所 丸の内トラストタワーN館
program
落合崇史(arr.):Joy
フォーレ:シシリエンヌ Op.78
ビゼー:「アルルの女」よりメヌエット
ヴィヴァルディ:フルート協奏曲 ニ長調 RV.428『ごしきひわ』
ドビュッシー:喜びの島
プーランク:フルートソナタ
落合崇史(arr.):アメイジング グレイス

詳しくはコチラ
http://www.mori-trust.co.jp/concert/schedule/marunouchi.html

久々の丸の内でのコンサートです。
懐かしい気持ち、色んな思い出が蘇ってきます

平日のお忙しいお時間とは思いますが、昼休憩の合間にでも覗いていただけると幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

2016年初の日記はコチラから。

今週末のリサイタルの記事をタイの英字新聞「Bangkok Post」に載せていただきました
image1 (7)新聞
クリックで拡大できます。

Young Japanese artistという言葉に詐欺ではという言葉も聞こえてきそうですが…。
とても嬉しい思いと身が引き締まる思いでいます。
バンコクでは初のリサイタル
楽しんでいただけるよう、あと少し頑張ります

皆様はどんな年末年始を過ごされましたか?
タイの年越しはとっても賑やかでした。あちらこちらで花火が盛大に上がり、タイらしい華やかな幕開けだなと感じました。
image1 (6)縮小
私は暁の寺とも呼ばれる「ワットアルン」の見えるチャオプラヤー川沿いの公園でカウントダウンイベントを見てきました。
しばらく工事中だったワットアルンが、この日は豪華にライトアップされ、12時になったとたん9分間で5500発以上もの花火が打ち上げられていました。ここまで豪華な年越しは初の経験。
2016年、前向きに、輝く1年にしたいです!!

日本では雪も降り、大変と聞いています。
皆様どうかお身体ご自愛ください。

2016年もどうぞよろしくお願いいたします。



ご無沙汰しております。
あっと言う間に師走。日本は冬を迎えていると思いますが、皆様いかがお過ごしですか?

バンコクは雨季を終え、乾季となりました。
まだまだ汗ばむことが多いですが、とっても過ごしやすくなっています。
バンコクの観光シーズンは今ですよここから2月頃までオススメです。
ただ…どうしても暑い中のクリスマスツリーがしっくり来なく…デパートでクリスマスソングを聴かないと年末感が味わえない私です。寒い中でイルミネーションを見る、これが身体に染みついているようです。

さて、来年2016年1月にバンコクでリサイタルをさせていただくこととなりました
異国でこのような機会をいただけたのは、全て周りの皆様のおかげです。
私は本当に人運に恵まれています!!!

Sun. 24th Jan. 2016 16:00~(コンサート開演前、終演後レセプションパーティーあり)
at Sala Sudasiri Sobha

Program:
- J.S.Bach:
Französische Suiten Nr.5, G-Dur BWV 816
- Mozart:
12 Variationen über ein französisches Lied "Ah, vous dirai-je, maman" C-dur KV265
- F.Chopin:
Andante spianato et Grande Polonaise brillante Es-dur Op.22

---Intermission---

- Toshinao Sato:
Light Colored Album for piano "The Scenery with Tea Gardens"
"A Carpet of Bamboo Leaves Falling onto Nothern Sea"
- R.Schumann: Carnaval Op.9

Ticket: 700 Baht
inclusive of reception

詳しくはこちら(チラシはクリックで拡大できます)
image1 (4)
会場HP
http://www.salasudasirisobha.com/

こちらのホール、とっても響き豊かで…都会の喧騒から異空間に来たかのような、落ち着いた世界が広がっています。
またオーナーさんたちが本当に優しくてアットホームな場所になっています。
そして
今回モーツァルト・サロンの国際育英文化協会様がスポンサーになってくださいました!!!
愛情いっぱいにオーガナイズしてくださる両国の皆様の思いに応えられるよう!精いっぱい演奏いたします。
バンコクの皆様、そして日本の皆様。
どうぞよろしくお願いいたします。

今日は最後にタイのお祭り「イーペンランナー」の写真です。
image1 (3)縮小

ディズニー映画ラプンツェルのモデルになったと言われているコムローイ上げです。
年に1度。11月の満月の日のみ上げられるこのコムローイ。
想像以上の綺麗さでした。
私はタイ北部チェンマイのイベントに参加しましたが、年々このイベントも減少しているそうです。
コムローイ上げの前、2時間にわたる儀式、瞑想の時間を経て21時に一斉にコムローイを上げます。
20~30分も瞑想することなんて、普段なかなか経験していないもので…コムローイを上げるころには邪念が無くなり、心清らかになっていたように感じました。

それでは皆様、佳き年をお迎えください。
Merry Christmas and Happy new Year!!

日本滞在

すっかり秋を迎えた日本に一時帰国をして3週間ほど経ちました
高温多湿の国からの帰国。初めは肌がカサカサカサカサ身体がすっかりタイ人のようになってしまったのかと思いましたが、アッと言う間に馴染みはじめ、この爽やかな心地よい秋風に「あー私の母国はココだな」と感じる日々です。

そんな中この帰国中にたくさんの皆様にお世話になりました。
介護施設でのコンサート、学校コンサート、そしてモーツァルト・サロンでのリサイタル

スタッフの皆様、共演者の皆様、そしてお聴きくださった皆様。
モーツァルト・サロンにはお馴染みの皆様もいらっしゃり、私がタイに移ってからも応援してくださる事に感謝の思いでいっぱいでした。

IMG_0884縮小
リサイタル終演後の1枚。
モーツァルト・サロンさんからのお花束と。

新しいスタインウェイのピアノはのびやかで豊かな音色の持ち主で、また新たなサロンの響きが生まれていました。
この空間で演奏させていただき、幸せでした。
機会をくださった国際育英文化協会の皆様、本当にありがとうございました。

次回は1/24(日)とうとうバンコクでリサイタルをさせていただきます
大好きなバンコクで、新たに出会った皆様に感謝の想いを込めて演奏できるよう、また向き合ってまいります。

 | ホーム |  前のページ»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。